トップ > 簡単なイラストの制作 > 輪郭を形作る >
輪郭をフチどる

輪郭を黒色でフチどる

土台がそれらしくなってきました。 土台の最後の仕上げとして、ウィルバー君の輪郭を黒色でフチどりましょう

輪郭のフチどり

まずは輪郭に沿って範囲選択します。 "土台"という名称で保存したパスがあるのでそれを利用します。 ドックの下部のパスダイアログにあるパス一覧の"土台"という行を右クリックします

1. パスを選択範囲に(C)を実行
1. パスを選択範囲に(C)を実行

上図のようにパス用サブメニューが表示されますので、"パスを選択範囲に(C)"を実行します

2. パスに沿って範囲選択する
2. パスに沿って範囲選択する

上図のようにパスに沿って範囲が選択されます。 このように、パスは範囲選択の形状を保存するためにも役立ちます。

続いて、前景色が黒色になっていることを確認します。

3. 前景色を黒色に
3. 前景色を黒色に

上図のように前景色が黒色になっていることを確認します。 なっていなければ、色初期化ボタン(色初期化ボタン)を押しましょう。

では、フチどり作業へ進みましょう。 フチどりは、ストローク描画の機能を使って実現します。

  
ストローク描画とは、選択範囲の境界に沿って鉛筆ツールやブラシツール、消しゴムツール、エアブラシツールなどで描画する機能です。

では、ストローク描画でフチどりしましょう。

4. 編集(E) -> 選択範囲の境界線を描画(S)...を実行
4. 編集(E) -> 選択範囲の境界線を描画(S)...を実行

上図のようにプルダウンメニューの"編集(E) -> 選択範囲の境界線を描画(S)..."を実行します。

5. 『選択範囲の境界線を描画』ウィンドウ
5. 『選択範囲の境界線を描画』ウィンドウ

上図のように『選択範囲の境界線を描画』ウィンドウが開きますので、描画方法を設定します。

6. ストロークスタイルの選択
6. ストロークスタイルの選択

上図のように"Stroke with a paint tool"を選択し、描画ツールには"エアブラシで描画"を選択します。 選択したら[ストローク(S)]ボタンを押します。

ではここで、範囲選択を解除しておきます。 さらに、下絵を非表示にしてウィルバー君の姿を見てみましょう。

7. 土台レイヤのみの表示
7. 土台レイヤのみの表示

上図のように輪郭に沿ってフチどりされているでしょうか。

輪郭に沿ってフチどりされていることが確認できたら、非表示にした下絵レイヤを再表示して次へ進みましょう。

ページの先頭へ
 

まとめ

ストローク描画で選択範囲に沿って描画することができます。 ストローク描画では、鉛筆ツールやブラシツール、消しゴムツール、エアブラシツールなどで描画することができます。

ページの先頭へ